ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 香川県立ミュージアム > 展覧会 > 常設展 > 20世紀の美術Ⅰ-人物・風景・静物(常設展示室2)

ページID:22991

公開日:2021年5月28日

ここから本文です。

アート・コレクション 20世紀の美術1-人物・風景・静物

会期

令和3年3月30日(火曜日)~6月27日(日曜日)8月6日(金曜日)まで会期延長!
【休館日】毎週月曜日、6月20日までの毎週土曜日・日曜日、7月23日(金曜日)~25日(日曜日)
【開館時間】9時00分~17時00分(*入館は閉館の30分前まで)

【夜間開館】なし

会場 香川県立ミュージアム 常設展示室 2
展示内容 特別展「空間に生きる画家 猪熊弦一郎」にちなみ、収蔵品から、猪熊弦一郎(1902-1993、香川県生まれ)が生きた時代の西洋の作家―ルオー、ヴラマンク、ピカソ、ブラック―と香川ゆかりの作家―藤川勇造、白川一郎、井上孟―の美術作品を展示します。作家が向き合った「人物」・「風景」・「静物」を通して、猪熊が活躍した20世紀の美術をご堪能下さい。
展示点数 10点
観覧料 一般410円/団体(20名以上)330円
*特別展観覧券でも観覧可
*高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は観覧料無料

関連行事

当館学芸員によるミュージアム・トーク

日時など 令和3年4月10日(土曜日)、5月8日(土曜日)各13時30分~
参加無料・申込不要
※観覧券が必要です。
※参加者多数の場合、受付を締め切らせていただく場合があります

主な展示資料

井上孟《アムールのある静物》1935年

井上孟《井の頭風景》1937年

このページに関するお問い合わせ