ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 香川県立ミュージアム > 展覧会 > 過去の展示 > 重要文化財「志度寺縁起絵」-描かれた海辺の情景 祈りの物語ー

ページID:7735

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

重要文化財「志度寺縁起絵」-描かれた海辺の情景 祈りの物語ー

会期 平成31426日(金曜日)~526日(日曜日)
  • 開館時間:9時00分~17時00分
  • 休館日:5月7日(火曜日)、5月13日(月曜日)、5月20日(月曜日)
  • 夜間開館日(~20時00分)は4月27日(土曜日)~5月6日(月曜日)、5月10日(金曜日)、5月11日(土曜日)、5月17日(金曜日)、5月18日(土曜日)、5月24日(金曜日)、5月25日(土曜日)
  • 休館日:5月7日(火曜日)、5月13日(月曜日)、5月20日(月曜日)
展示内容 志度寺(さぬき市)の本尊十一面観音の由来や当寺建立・再興のいきさつなどを描いた志度寺縁起絵(志度寺蔵)は、貴重な中世の縁起絵として知られ、重要文化財に指定されています(指定名称は「絹本著色志度寺縁起」【明治34年3月27日指定】)。この展覧会ではその修理完成を記念して、志度寺縁起絵を付属文書などの関連資料とともに特別公開します。志度寺縁起絵6幅すべてを鑑賞できる絶好の機会であり、修理過程で判明した新知見なども紹介します。また、同会場の松平家歴史資料常設コーナーでは春の季節にちなみ、春を惜しむ内容の藤原佐理筆詩懐紙(国宝)を5月12日(日曜日)まで公開します。
展示点数 22点
組織 主催:香川県立ミュージアム
共催:香川県教育委員会
観覧料 一般410円(330円)
*()内は20名以上の団体料金
*高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
連携事業 志度寺縁起絵の修理完成を記念して、志度寺・さぬき市との連携事業を実施。
  • 1.スタンプラリー会期中に当館と志度寺それぞれで専用スタンプを集めた方に記念品を贈呈。
  • 2.「能に見る志度寺縁起絵の世界」志度寺では、能「海人」の一部が装束付き舞囃子(まいばやし)で上演されます。
日時:5月3日(金・祝)14時00分開演、17時30分開演5月4日(土・祝)14時00分開演場所:志度寺書院
※3回公演(各回80名)入場料1,000円(前売りチケット制)
お問い合わせ先:さぬき市教育委員会 生涯学習課(TEL 0879-42-3107)

関連行事

ミュージアムトーク(担当学芸員が展示内容について分かりやすく解説します)

日時 平成31年5月5日(日曜日)、5月18日(土曜日)
各13時30分~
*申し込み不要、観覧券が必要
場所 常設展示室1

このページに関するお問い合わせ