ページID:15214

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

讃岐国府跡 調査現場から 27

香川県埋蔵文化財センター

柱穴や溝といった遺構の輪郭を確定させる作業を行っています。

現在、柱穴や溝といった遺構の輪郭を確定させる作業を行っています。
これを「遺構検出」と呼びますが、遅遅として進展しません。
写真1をご覧ください。こげ茶色のなかに黒っぽい土があります。
黒っぽい土は柱を据えるための穴(柱穴)、こげ茶色の土は古代のベース面と考えられます。
柱穴の輪郭を入れようとしても、輪郭がぼんやりとしてうまく入りません。
多量に出てくる瓦も輪郭作業の行く手をはばみます。
写真2は古代のベース面が黄色であるため、黒色系の遺構の土は識別し易く、遺構検出が比較的進んでおります。
調査区全体の遺構検出が早く完了するよう、目を皿のように見開いている毎日です。(平成28年11月6日)

検出直前の様子
写真1 遺構検出直前の様子

遺構検出
写真2 遺構検出状況

白峰中の生徒が讃岐国府跡の発掘に参加しました!

坂出市立白峰中学校2年の生徒3名が10月19日から21日まで埋蔵文化財センターで職場体験を行いました。初日は出土遺物の整理、2日めは讃岐国府跡の発掘です。作業員たちといっしょに瓦をきれいに掘りだしてくれました。朝から曇りで、あまり暑い日ではありませんでしたが、中学生たちは少し疲れたようでした。(平成28年10月21日)
中学生1 中学生2

興味深い遺物が出土しました

興味深い遺物が出土しました。材質は須恵器。くの字形に曲がった棒状の形をしています。
取り上げてみると、先端には4条の線が掘り込まれていました。動物の足の指先を表現したようです。牛や馬、鹿の足先は蹄なので、指先を表現することはありません。
これは、「獣(じゅう)脚(きゃく)(じゅうきゃく)」と呼ばれ、獅子の足を表現したものと考えられます。中国の唐代に、硯(すずり)(すずり)や火舎(かしゃ)(かしゃ 香炉のこと)、壷などに獅子の足を付けることが好まれ、それが日本に伝わり、奈良時代に獣脚付きの器が使われ始めます。
役所(官衙施設)や寺院など、限られた場所でしか出土しない貴重品です。(平成28年10月7日)
獣脚1 獣脚2

発掘を始めて1月たちました

調査を始めて1か月。天候の悪さと多量の瓦に悪戦苦闘しています。一見、まとまりなく瓦が出てきているように見えますが、よく見ると、瓦の側辺を一直線にそろえて並べた箇所もみられます。
現時点では用途や目的は判明していませんが、調査を進めるなかで明らかしていきたいと思います。(平成28年10月5日)

瓦出土1 瓦出土2

第18回水のフェスティバルin府中湖

今年も坂出市府中町で開催されたイベント「第18回水のフェスティバルin府中湖」でミステリーハンターがスタッフの一員として大活躍しました。10月1日はいきいきウォーク 国府の里を歩く8キロコースのガイドです。今回のコースは「道真の里を歩く」で、平安時代に讃岐の国司として赴任した菅原道真のゆかりの地を巡りました。あいにく途中で降雨となりましたが、参加者89名全員完歩しました。

集合
府中湖カヌー研修センターで集合です。赤いTシャツのこどもたちは地元府中町のスポーツ少年団の小学生です。

府中ダム
番の州工業地帯への工業用水の給水を目的に昭和41年に完成した府中ダムや、建設50年記念に植樹された大宰府天満宮の梅と記念碑を見学しました。

2日めは水のテント村展示コーナーで「讃岐国府跡を探る7」の展示をしました。讃岐国府跡から出土した土器や瓦、発掘調査の写真などを展示しました。地元府中小学校の児童や府中町の方々をはじめたくさんの方々が見学し、ミステリーハンターは府中の宝「讃岐国府跡」について熱く語りました。

開会式
開会式の様子です。

ドラゴンカヌー大会
府中湖ではドラゴンカヌー大会が行われ、県内外からたくさんの方々が参加しました。

府中小の児童と
讃岐国府跡の地元府中小学校の児童が埋蔵文化財センターのブースを見学しました。ミステリーハンターは讃岐国府跡だけではなく、昭和時代の府中について説明し、児童たちは熱心にメモをとっていました。

市長と
綾坂出市長(写真中央)も熱心に見学しました。市長のとなりは国府跡の説明をしているミステリーハンターです。

(平成28年10月3日)

ミステリーハンターがまち歩きのガイドをしました!

9月14日(水曜日)、屋島文化協会の申し出を受けて、ミステリーハンターが讃岐国府跡周辺のまち歩きガイドをしました。最初に案内したのは開法寺跡です。塔の礎石跡を見学し、次に崇徳上皇のお住まいがあったと伝えられる鼓岡神社(つづみがおかじんじゃ)に向かいました。
鼓岡神社をあとにし、城山神社(きやまじんじゃ)に向かう途中、雨が降り出しました。折しも香川県は渇水期。ミステリーハンターの説明によりますと「讃岐国司として赴任し、城山で雨乞いをした菅原道真公の影響?」。仁和4年(888年)の大干ばつのとき、雨乞いをし、雨を降らすことに成功した道真を祀った雨請天満宮(あまごいてんまんぐう)の見学をし、讃岐国庁跡碑を見学してまち歩きは終了しました。(平成28年9月15日)

開法寺跡にて
開法寺跡にて 手前はガイドをするミステリーハンター

発掘調査が始まりました!

いよいよ、今年度の発掘調査が始まりました!!!
例年より、1か月早いスタートです。
調査地は昨年度、大型建物を確認した地点(写真奥の水田)の東側になります。
始まった途端に台風が立て続けに近づき、現場の管理が大変です。(平成28年9月7日)

発掘調査の様子

地図

放送大学公開講演会で讃岐国府跡探索事業調査成果の一部を報告しました

講演の様子9月4日(日曜日)、坂出市民ふれあい会館で放送大学香川学習センター公開講演会が行われ、当センター主任文化財専門員松本和彦が「古代国家誕生までのあゆみ~讃岐国誕生プロセス~」と題する講演をしました。講演会では古代讃岐国ではどのように体制づくりが進み古代国家が誕生したかを讃岐国府跡の発掘調査成果を交えながら説明しました。大勢の参加者が熱心に聴講し、質疑応答では讃岐国府跡の大きさについてなど活発な質問が飛び交いました。(平成28年9月6日)

ミステリーハンターのラジオ出演!

ミステリーハンターにラジオ出演のオファーがありました。地元のFMサン「やさしさステーション」に出演です。収録は宇多津町にあるうたづ海ほたるFMサテライトスタジオです。出演した2人は讃岐国府跡の発掘調査の体験、県民を対象とした府中町周辺のまち歩きのガイドなどについて熱心に語りました。30分ほどの予定でしたが、話題が尽きず、1時間を超える長時間の収録になりました。このラジオ番組は6月中旬ごろ放送予定です。
(平成28年6月6日)

うたづ海ほたるFMサテライトスタジオでの収録風景

収録

讃岐国府跡調査現場から 26<<|>>讃岐国府跡調査現場から 28

このページに関するお問い合わせ