ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(野鳥への餌付けと被害について)

ページID:32986

公開日:2022年06月10日

ここから本文です。

ご提言等の内容(野鳥への餌付けと被害について)

受付年月日

2022年05月22日

回答年月日

2022年05月31日

テーマ

野鳥への餌付けと被害について

提言内容

ずっと心配していたことが目の前で起こりました。
以前からサンポートにて、タカ?トンビ?に餌やりする方がいました。
たった今、若い女の子二人がサンポートの石碑近くでアイスクリームを食べていたら、トンビかタカ?が舞い降りてきて、手に持っているアイスクリームをつつこうと至近距離まで降りてきました。
慌てて2人は木の下に逃げ込んで無事でしたが。これが小さな子どもだったらと思うとすごく怖いです。
他の県でも餌付けされたタカなどが観光客の手に持っているものを取ったりする被害。至近距離に降りてきて怖いと、よく聞きます。
トンビなどの餌付け行為を厳しく取り締まってほしいです。
すごく至近距離に寄ってくるようになっています。怖いです。

回答内容

メールを拝見しました。

鳥獣保護管理法では、野鳥など野生鳥獣を許可なく捕まえたり、傷つけたりする行為は禁止されており、県では、ホームページなどを通じて普及啓発を図っています。

また、野生鳥獣への餌やりについては、法律で規制された行為ではありませんが、公共の場所で、多くの方の使用に支障が生じないよう、トンビ(トビ)などの野生鳥獣への餌付けは、やめていただくよう、啓発を行うとともに、場所や状況によっては現地指導を行っているところです。

野生鳥獣を保護するためには、安易な餌付けをしないなど、人為的な影響を極力少なくして、野生鳥獣と正しいつきあい方をすることが大切です。
このことから、ご提言にありました施設に関しましても、貼り紙や注意喚起により、野生鳥獣への餌付けをしないよう周知を行っているところですが、ご提言を踏まえ、引き続き適切な管理を行うとともに、今後も、野生鳥獣は自然のまま、そっと優しく見守っていただくよう啓発してまいります。

サンポート高松交流施設に関すること:交流推進課
野生鳥獣に関すること:みどり保全課

担当課

担当

交流推進課

電話

087-832-3359

担当

みどり保全課

電話

087-832-3227

このページに関するお問い合わせ

交流推進部交流推進課

電話:087-832-3359

環境森林部みどり保全課

電話:087-832-3227