ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(面会と立ち会い出産について)

ページID:33271

公開日:2022年06月24日

ここから本文です。

ご提言等の内容(面会と立ち会い出産について)

受付年月日

2022年06月08日

回答年月日

2022年06月15日

テーマ

面会と立ち会い出産について

提言内容

お腹の赤ちゃんを守るため、産婦人科に長期入院しています。コロナ禍で面会はもちろん、人生に数回、また生死に関わる出産にも家族が立ち会えないことに違和感を覚えます。家族は退院するまで赤ちゃんにも会えません。
自費でもいいので、検査して陰性なら面会や立ち会い出産ができるように、規制の仕方を考え直してほしいです。

回答内容

メールを拝見しました。
産婦人科に長期に入院されているとのこと、お見舞い申し上げます。
患者さんとの面会制限などの、医療機関における感染予防対策については、医療機関によって外来受診の状況や入院患者の有無なども違いますので、県が一律に指導をしているものではなく、各医療機関が総合的に状況を考慮した上で判断しています。
感染経路の遮断という観点から、面会制限を設けている医療機関は多くあると思いますが、医療機関において個別の事例ごとに配慮いただける場合も考えられますので、入院先の医療機関へご相談いただきますようお願いします。

担当課

担当

医務国保課

電話

087-832-3320

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部医務国保課

電話:087-832-3320