ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(県のコロナ関連情報の公開の在り方について)

ページID:23888

公開日:2021年04月30日

ここから本文です。

ご提言等の内容(県のコロナ関連情報の公開の在り方について)

受付年月日

2021年04月10日

回答年月日

2021年04月19日

テーマ

県のコロナ関連情報の公開の在り方について

提言内容

県職員の皆さまの頑張りには敬意を表しますが、これまでのコロナ関連の情報公開の在り方について、改善を求めます。
1点目、変異ウイルスのスクリーニング検査(速報)結果を公表されていますが、ホームページに公表されている情報が、2021年3月8日(1例)、3月15日(1例)、3月29日(26例)、4月7日(11例)です。全体が全く分からないので、公表の都度、これまでの公表分と併せて、合計を公表するように改善してください。新規感染者数、そのうちスクリーニング検査実施件数と検査率、さらにそのうち変異ウイルス件数と変異株率の公表をお願いします。
2点目、高齢者施設等の従事者へのPCR検査の取り組みを行っていますが、その検査結果を日々検査の都度、公表されていますが、2021年2月~3月までの第1回分の実施状況の取りまとめを公表してください。実施した施設の数や人数も重要ですが、対象となっている施設全体の数も公表してください。検査に協力していただけない施設がどの程度あるのかも重要です。
3点目、2021年3月10日に一般傍聴が許されて開催された「香川県感染症発生動向調査委員会」の資料を公開してください。
4点目、毎日、更新されている「県内の患者の状況」の宿泊療養または自宅療養の人数が4月8日時点で81人に達しているが、ホテル療養の稼働率も公表してください。変異ウイルスによる感染拡大が県内でも顕著となって、感染力の強さは痛感していることと思われますが、101室しかないホテルの客室が、ひっ迫しているのではないかと心配しています。昨年(2020年)、首都圏では、ホテル療養が解除となってから客室の消毒・清掃に時間を要していて、
客室の稼働率が低下したことがありました。次のホテル療養できる施設と人材の確保が必要だと思います。先手先手の対応をお願いします。
5点目、県民に求めている感染拡大地域との不要不急の往来自粛について、どの県との往来に気を付けなければならないのか具体的な県名も併せて注意喚起をしてほしい。もし、県が感染拡大地域の県名を公表する覚悟がないのであれば、新規感染者数が15人以上/人口10万人/週のデータを公表しているリンクを県のホームページにアップして、県民に分かりやすく注意喚起をしてください。県民が往来自粛の判断をする際に、より手助けとなるような情報発信のやり方をひと工夫してください。
6点目、現在、飲食店へ要請している夜9時までの時短営業の効果検証を実施して公表してください。どの程度の店舗が時短営業に協力しているのか、休業している店舗数、店舗へ卸している業者などへのマイナス影響などを調査してください。

回答内容

メールを拝見しました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、県民の皆さま、事業者の皆さまには、拡大防止対策の徹底についてご協力をいただいており、感謝申し上げます。

1点目について、本県では、スクリーニング検査結果については、現在はその都度の公表としています。今後、新型コロナウイルスの変異株が流行する可能性も考えられる中で、県民の皆さまに、いかに分かりやすく情報を公開するかを、日々検討しております。今回のご意見については、参考にさせていただきます。

2点目に関しまして、
2021年2月から3月にかけて行った、高齢者施設等の従事者への一斉PCR検査の実施状況につきましては、現在、次のアドレス上に公開しています。
https://www.pref.kagawa.lg.jp/documents/21266/result7th.pdf
(県ホーム>組織から探す>長寿社会対策課>かがわ介護保険情報ネット>事業者支援情報>リスクマネジメント感染症情報>介護施設等従事者新型コロナウイルス一斉PCR検査事業について)
なお、検査対象施設数は611施設で、516施設から検査申し込みがありました。

3点目について、「香川県感染症発生動向委員会」の資料につきましては、全国の数値が確定した後に、年報として取りまとめをして図書館などで公表しています。また、薬務感染症対策課のページに、感染症週報・月報というページがありますので、感染症発生情報の速報としてこちらをご確認ください。

4点目について、感染状況や運営状況を常に把握し、宿泊療養施設の客室が不足することがないよう努めてまいります。

5点目、6点目について、いただきましたご意見などを参考に、今後の県民の皆さまへの情報発信の在り方を検討してまいります。

私といたしましては、引き続き、感染状況や医療提供体制などを十分に注視しながら、感染拡大防止と社会経済活動の維持・回復との両立に向け、必要な対応を取ってまいるとともに、分かりやすい情報提供に努めてまいりたいと思いますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

医療提供体制(病床確保計画や病床のひっ迫具合)などに関すること:薬務感染症対策課
高齢者施設等の従事者への一斉PCR検査に関すること:長寿社会対策課

担当課

担当

薬務感染症対策課

電話

087-832-3298

担当

長寿社会対策課

電話

087-832-3262

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部薬務感染症対策課

電話:087-832-3298

健康福祉部長寿社会対策課

電話:087-832-3262