ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(コロナ対策について)

ページID:24273

公開日:2021年05月21日

ここから本文です。

ご提言等の内容(コロナ対策について)

受付年月日

2021年04月12日

回答年月日

2021年05月13日

テーマ

コロナ対策について

提言内容

某社の支社に勤めている者です。
お願いがあります。
もっとハッキリと県民、県の住民、県外に向けて、分かりやすいメッセージを出してください。
「県外には行くな、来るな」
「マスクをしろ」
「なるだけ話すな、話すときは小声で話せ」
「マスク無しの会食は絶対するな」
ガイドラインを守ってくださいとか言われても何のことやら分かりにくくて全く響きません。大体いちいちガイドラインは読みません。
当支社の○○職の男は、このご時世にさしたる理由もなく毎週大阪の家族のところへ戻っています。得意先などとの飲み会は少人数にはしているようですがまだ完全にはやめていません。
そしてウレタンマスクはしているものの、毎日私のすぐ前で大声で延々と電話しています。もしこの男が大阪であるいは宴席で、変異ウイルスに感染したら、誰よりも用心しているつもりの私はひとたまりもありません。100%アウトです。私には高齢の親がおり幼い子供もいます。
例えば親が危篤とか子の受験とかでも県外へ行くなとは言いません。そういうときは慎重に移動するしかないと思いますが、この国の「自粛」はあまりにも個々人任せで、無責任です。特に会社からは逃げられないので対処のしようがありません。
どうか、県民を守るために、もっとハッキリしたシンプルで強いメッセージを出してください。
お願いします。

回答内容

メールを拝見しました。回答が遅くなり、申し訳ありません。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県民の皆さまには、さまざまな拡大防止対策の徹底についてご協力をいただいており、感謝申し上げます。

現在、本県では、感染・伝播性が高いとみられる変異株の占める割合が急激に高まり、ゴールデンウィークが明けた2021年5月6日には新規感染者数が50人、翌7日には78人と2日連続して過去最高を更新するなど感染が急激に拡大しております。さらに、病床のひっ迫具合を示す病床使用率についても51.7%と、国のステージIV(ステージ4)の目安50%を超える事態となりました。
こうした状況を食い止めるため、5月9日(日曜日)から31日(月曜日)までの期間を「緊急事態対策期」と位置付け、県民の皆さまには、日中も含めた不要不急の外出・移動を自粛するよう協力要請するとともに、引き続き、「三つの密」の回避や「人と人の距離の確保」、「マスクの着用」をはじめとした基本的な感染対策を徹底することを協力要請しています。
このほか、事業者の皆さまには、業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドラインや県が策定した適切な感染防止対策に基づき、感染防止対策の徹底を図ることを協力要請するとともに、飲食店の皆さまへは、営業時間の短縮を1時間繰り上げて20時までとした上で、5月31日まで期間を延長するよう協力要請しました。

これらの協力要請には、特措法第24条第9項に基づいて行っているものや、法に基づかない形で行っているものがあります。県として、ご提言いただいたような、県民の皆さまの行動を制限するメッセージを発信することはできませんので、ご理解ください。

私といたしましては、これまで、できる限り分かりやすいメッセージの発信に努めてきたところですが、新型コロナウイルス感染症に関しては、県民の皆さま、事業者の皆さまに対して、多くのことを協力要請しており、また、日々変わっていく感染状況に応じて、感染対策も変化していくため、県民の皆さまが、感染対策の全てを把握することが難しくなっている面もあるかと思います。
今後は、そうした面も考えながら、できる限り分かりやすいメッセージを発信するよう心掛けてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

担当

健康福祉総務課

電話

087-832-3252

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3252