ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(狩猟免許試験開催日について)

ページID:26769

公開日:2021年09月03日

ここから本文です。

ご提言等の内容(狩猟免許試験開催日について)

受付年月日

2021年08月23日

回答年月日

2021年08月25日

テーマ

狩猟免許試験開催日について

提言内容

(2021年)8月28日から8月30日にかけて狩猟免許試験が県庁で行われます。
8月20日から9月12日までまん延防止等重点措置で高松市が対象になっていますが、期間中に高松市内へ行くことが怖いと感じています。
それで、みどり保全課へ日程変更および試験場の変更をお願いしたところ、日程的に無理との返事でした。
支払い済みの試験料についても返却できないとのこと。
本来であれば、まん延防止等重点措置が発令された時点で、中止もしくは日程変更を案内すべきだと思います。
一番感染者数が多くまん延防止等重点措置の高松市へ来ての試験は、ある意味自殺行為と、私は感じます。
コロナ対策をされてはいると思いますが、もし感染者が出た場合はどうされますか?
「対策はしてました。それでも出ました。すみません。」
で、終わらすのでしょうか?
中止もしくは日程変更を検討しなかった、みどり保全課にも不信感はありますが、せめて変更ができない場合、試験料の返却でもお願いできますでしょうか?
単純な自己都合での欠席では済まされないと思います。
早急なお返事をお待ちしております。

回答内容

メールを拝見しました。

ご意見いただきました狩猟免許試験については、2021年8月20日(金曜日)から9月12日(日曜日)までの間、会場のある高松市がまん延防止等重点措置の措置区域となっておりますが、今年度の狩猟期間との関係から試験期日を変更できないため、予定どおり8月28日(土曜日)から30日(月曜日)まで実施いたします。

実施に当たって、「三つの密」が生じる場の回避の徹底、常時マスクの着用、手洗い・手指消毒の徹底など、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行った上で、実施することとしています。

お問い合わせいただきました既納の申請手数料の返納については、まん延防止等重点措置の期間中であることから、返納手続きについて、担当課へ指示しましたので、詳細については担当課から改めてお伝えいたします。

担当課

担当

みどり保全課

電話

087-832-3212

このページに関するお問い合わせ

環境森林部みどり保全課

電話:087-832-3212