ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(県職員のコロナ感染報道発表資料について)

ページID:30869

公開日:2022年03月04日

ここから本文です。

ご提言等の内容(県職員のコロナ感染報道発表資料について)

受付年月日

2022年02月21日

回答年月日

2022年03月04日

テーマ

県職員のコロナ感染報道発表資料について

提言内容

職員のコロナ感染記事を見たら、ほぼ全員が「一般の県民の皆様と接触する機会が少ない業務に従事しており」となっています。
具体的に県民と接触機会が多い業務とは何で、少ない業務は何か、教えてください。窓口の業務は機会が多いものと思いますが、違いますか。接触機会が少ない職員ばかり感染する理由がありますかね。

回答内容

メールを拝見しました。
これまで長期間にわたり、県民の皆さま、事業者の皆さまが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止に向けた各種対策に、ご理解、ご協力いただいていることに対して、心から感謝申し上げます。

県職員の感染が発生した場合、判明した日の県内の感染者全体の公表時に合わせて、別途、「県職員の新型コロナウイルス感染について」において当該職員の所属における行政サービスの提供状況などについて公表しており、今年(2022年)1月以降の職員の感染事例については、いずれの職員も、窓口業務など、不特定の一般県民の皆様と接触する業務には従事していなかったことから、「一般の県民の皆様と接触する機会が少ない業務に従事」していると記載してきたところです。

なお、いただいたご意見を踏まえ、感染した職員の県民の方との接触状況について、今後はより詳しく記載するよう、私から担当課に指示しました。

私といたしましては、本県における危機的な状況を一刻も早く食い止め、感染の拡大を極力抑えるとともに、保健医療提供体制の確保を通じて、県民の皆さまの健康、暮らしを守れるよう全力で取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

担当課

担当

人事・行革課

電話

087-832-3038

このページに関するお問い合わせ

総務部人事・行革課

電話:087-832-3038