ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(コロナ陽性者について)

ページID:24648

公開日:2021年06月04日

ここから本文です。

ご提言等の内容(コロナ陽性者について)

受付年月日

2021年05月09日

回答年月日

2021年05月27日

テーマ

コロナ陽性者について

提言内容

いつも県民のためにありがとうございます。私の知り合いがコロナに感染していて、陽性になってホテル療養になったけど、なぜに陰性確認しないで10日間でホテルから出ないとダメなんですか??陰性にならないでホテル療養から出て普通に生活するから、感染も拡大していくんだと思います。それと、濃厚接触者となってもマスクなどの感染防止だけで普通に生活しても良いと言われたと聞きました。濃厚接触者とされたのなら、症状が出た出てないに関係なく、2回はPCR検査を受けるなどしてほしいです。不安で不安で・・・。アルコール消毒できない人もいます。家でいることの方が多いですが、どうにか改善してください。
子供たちを学校に行かすのも不安です。
予防接種も今の病気などで病院の先生から受けられないと言われているし、本当に不安で仕方ないです。大変だと思いますが、コロナ感染を差別するのもダメだけど、もう少し慎重に生活に戻すようにしてほしいです!

回答内容

メールを拝見しました。回答が遅くなり、申し訳ありません。

新型コロナウイルス感染症は、国内外の知見によると、発熱などの症状が出てから7日~10日程度経つと、感染性が急激に低下し、PCR検査で検出される場合でも、感染性は極めて低いことが分かっています。このことから、厚生労働省により退院・退所基準が以下のとおり定められており、本県においてもこの基準に基づき、退院・退所いただいています。
[有症状者の場合]
(1)人工呼吸器等の治療を行わなかった場合
1.発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合
2.発症日から10日間経過する以前に症状軽快した場合に、症状軽快後24時間経過した後にPCR検査を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取した24時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

ご意見の方の場合、宿泊療養施設を退所する際に、PCR検査を受けていただいていませんが、国の退所基準を満たしていることから、感染性は極めて低く、感染拡大の恐れは無いと考えておりますので、ご理解をお願いします。

また、本県では、感染者が発生した際には保健所が患者などから聞き取り調査を行い、濃厚接触者だけでなく、接触者など幅広く検査を実施しております。濃厚接触者の方には1回目の検査で陰性であっても、不要不急の外出を控えていただくとともに、健康観察を続けていただき、健康観察期間中に症状が出た方については、保健所の判断により2回目の検査を実施しております。

本県では引き続き、国や市町、医療機関などの関係機関と緊密に連携し、新型コロナウイルスの感染拡大の抑制に全力で取り組み、県民の皆さまの安全と安心が確保できるように、万全を期してまいります。

担当課

担当

薬務感染症対策課

電話

087-832-3298

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部薬務感染症対策課

電話:087-832-3298