ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(記者会見のお願いについて)

ページID:29060

公開日:2021年12月24日

ここから本文です。

ご提言等の内容(記者会見のお願いについて)

受付年月日

2021年12月06日

回答年月日

2021年12月16日

テーマ

記者会見のお願いについて

提言内容

忘年会を通常通りするようお願いする記者会見を開いてください。飛行機もエンジンをかけなければ離陸しません。車もアクセルを踏まなきゃ走らないんです。何度も何度も感染予防の会見は開いてくださいました。不景気予防の会見が必要です。もっともっともっと通常通りの生活、忘年会、2次会を、県の勧める予防法に従いながら開くよう指示を出してください。アメリカが800兆円出すそうです。日本も負けずに景気回復に向かって全速前進しなくては、比較対象的に敗戦してしまうのです。1人1人の知事の覚悟が問われるときではないでしょうか。正しい決断と正義が行われれば、後から他の知事がついてまいります。責務を果たしてこそ未来が開ける。景気回復のために戦う知事に変身してほしいのです。なにとぞご決断していただけますよう、真にお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。

現在、本県における(2021年)11月の累積新規感染者数は2人、12月は0人と、感染状況は落ち着きを見せており、県の警戒レベルも一番低い「感染予防対策期」となっておりますが、国内での11月末からのオミクロン株の確認など、感染拡大のリスクに備える必要があると考えております。
また、これから年末年始を迎えるに当たり、外食や飲食の機会も増えてくるものと想定されますが、県民の皆さまには、引き続き、外出の際には油断することなく、適切な感染防止対策を徹底の上、行動していただきますようお願いしているところです。

一方で、社会経済活動の維持・回復に向けた対策も不可欠であると考えており、国の「ワクチン・検査パッケージ制度」における飲食店などの登録の受付を、年内に開始できるよう準備しているところです。あわせて、健康上の理由などでワクチン接種が受けられない・受けていない方が、同制度や、ワクチン接種歴・検査結果を活用する民間の取り組みに対して必要となる検査を無料で受けられるよう、年内の開始に向けて、準備を進めているところです。

現時点で、県民の皆さまに、忘年会の開催をお願いする記者会見を行うことは予定しておりませんが、いただいたご意見も参考にしながら、今後も、感染拡大の防止、社会経済活動の維持・回復との両立に向けて、全力で取り組んでまいります。

担当課

担当

健康福祉総務課

電話

087-832-3335

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3335