ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(飲食店以外の時短などの対策について)

ページID:29917

公開日:2022年02月10日

ここから本文です。

ご提言等の内容(飲食店以外の時短などの対策について)

受付年月日

2022年01月26日

回答年月日

2022年02月01日

テーマ

飲食店以外の時短などの対策について

提言内容

今回のまん防についてお願いです。
私はフィットネスクラブで働いています。
プールなどマスクはできませんし、原則お喋りは控えるようにとルールを設けていますが、無視しお喋りを続ける方が多いです。
自分は関係ないと思っている老人が多いので、今一度飲食店以外にも時短などの対策をしていただきたく存じます。
私たちも感染拡大の恐怖の中、仕事をしています。
家族もいますし、もう少し厳しく対応していただきたいです。
ぜひご検討の程よろしくお願い致します。

回答内容

メールを拝見しました。
職場での感染リスクなどにご心配のこととお察しいたします。

各地でオミクロン株を含めた新規感染者数が急増する中、県民の皆さまの生命を守る適切な医療提供が続けられるよう、(2022年)1月18日、国に対し、本県をまん延防止等重点措置を実施すべき区域として公示されるよう要請しました。
これを受け、1月19日、本県を1月21日から2月13日までの間、新たにまん延防止等重点措置区域に加えることなどが、政府対策本部において決定されたことから、本県のまん延防止等重点措置として、「大人数・長時間の飲食」、「マスクなしでの会話」といった場面が生じやすく感染リスクが高いと指摘されている飲食の場を避ける観点から、措置区域内の飲食店について、営業時間の短縮を要請することとしました。

なお、まん延防止等重点措置の期間に関わらず、事業者の皆さまに対しては、業種別ガイドラインの順守や、事業継続計画の再確認、策定などへのご協力をお願いし、県民の皆さまには、「三つの密」の回避や「人と人との距離の確保」、「マスク(不織布マスクを推奨)の着用」、「手洗い等の手指衛生」、「換気」をはじめとした基本的な感染防止対策をこれまで以上に徹底することや、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出・移動を自粛することなど、引き続き、油断することなく最大限の感染防止対策をとっていただくようお願いしています。

本県における危機的な状況を一刻も早く食い止め、感染の拡大を極力抑えるとともに、保健医療提供体制の確保を通じて、県民の皆さまの健康、暮らしを守れるよう全力で取り組んでまいりますので、引き続き、ご理解、ご協力をお願いいたします。

担当課

担当

健康福祉総務課

電話

087-832-3335

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3335