ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(まん延防止等重点措置の延長のお願いについて)

ページID:31322

公開日:2022年03月18日

ここから本文です。

ご提言等の内容(まん延防止等重点措置の延長のお願いについて)

受付年月日

2022年02月28日

回答年月日

2022年03月09日

テーマ

まん延防止等重点措置の延長のお願いについて

提言内容

(2022年)3月6日で期限が切れる「まん防」を延長するかはお悩みであると記事で読みました。
効果は確かに目に見えていないかもしれませんが、小学生の息子がスポーツ少年団で活動をしております。
これが「まん防」が出ていることによって、校区を越えて子どもが集まっての練習や、試合(5日と6日の分は●●で開催されてしまいます)が制限されています。
これはとても大きいと考えておりまして、一定の感染抑止になっているのではないでしょうか。
まん防が延長されないと、春休みもあって活動が活発になり、子どもたちの間で感染が広がってしまうのではと危惧しております。
また、わたしは医療福祉関連で仕事をしており、まん防は一定の効果があると感じております。
どうかご一考くださればと思います。

回答内容

メールを拝見しました。

本県では、(2022年)1月21日から3月6日までの間、まん延防止等重点措置の適用を受け、感染防止対策を強化してきましたが、2月18日に495人と、それまでの最多を大幅に超える人数の新規感染者が発生して以降、新規感染者数が高い水準で推移し、学校や児童福祉施設等、高齢者施設等に広がり、感染の連鎖が続いている状況にあるほか、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方々にも感染が広がっており、少しずつ重症者向けの確保病床使用率が高まっている状況にあることから、国に対してまん延防止等重点措置を延長するよう要請し、3月21日までの延長が決定されたところです。

まん延防止等重点措置における対策として、引き続き、飲食店への営業時間短縮要請を行うとともに、増加傾向にある年齢層への対策、クラスター防止のための対策、家庭内感染対策の徹底、ワクチン追加接種の促進、県有の集客施設の休園・休館といった対策を行い、さらに、3月5日から21日までの間を、「感染防止対策集中取組期間」に位置付け、集中的に対策に取り組むことで、感染の拡大を抑えていきたいと考えております。

本県における危機的な状況を一刻も早く食い止め、感染の拡大を極力抑えるとともに、保健医療提供体制の確保を通じて、県民の皆さまの健康、暮らしを守れるよう全力で取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

担当課

担当

健康福祉総務課

電話

087-832-3335

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3335