ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(旧県立体育館の今後について)

ページID:30466

公開日:2022年02月25日

ここから本文です。

ご提言等の内容(旧県立体育館の今後について)

受付年月日

2022年02月01日

回答年月日

2022年02月16日

テーマ

旧県立体育館の今後について

提言内容

数年前に、県外から転居してまいりました。丹下健三さんの建築には非常に感銘を受け、影響を受けており、旧県庁舎をはじめとした高松市内に点在する丹下建築群をたびたび見学しています。
本日(2022年2月1日)のインターネットニュース記事の内容(県教委が耐震改修費の負担を含め旧県立体育館の今後の活用策を募ったところ、民間事業者から10の案が寄せられ、用途としては文化施設や店舗、展示場など多岐にわたっていましたが、耐震改修費についてはいずれも自前の資金計画がありませんでした。)から、前途多難な旧県立体育館の厳しい状況を見て思ったことを申し上げます。
昨年(2021年)、国の重要文化財に指定された代々木体育館を世界遺産に指定しましょうというムーブメントが起きている現在、その建築構造のモチーフとなった旧県立体育館の存在意義は世界遺産に準ずる大変貴重なものと考えられます。
これだけの良い材料がある中で、耐震工事・修繕費や今後の活用について明るい方向性を示した上でクラウドファンディングなどを行えば、丹下健三支持の多くの方から費用を集めることは難しくないかと思いますがいかがでしょうか?
そもそも2014年からこの建築が有効利用されていなかったことが、一市民として情けなく感じてしまいます・・・。
ぜひとも解体されるようなことなく、香川県の誇る丹下健三建築のシンボルの一つとして旧県立体育館の明るい未来を示していただきたいと思います!よろしくお願いします。(インターネット上のニュースサイトのアドレス記載あり)

回答内容

メールを拝見しました。回答が遅くなり、申し訳ありません。
2022年1月17日に教育委員会が調査結果の概要を発表した旧県立体育館のサウンディング型市場調査については、9つの事業者から10の提案があったところです。
サウンディング型市場調査は、旧県立体育館の利活用の方法について民間事業者の皆さまから広くご提案をいただいたものであり、今後、教育委員会において、ご提案の実現可能性についても精査を行いながら、旧県立体育館のあり方を検討していくものと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

担当

保健体育課

電話

087-832-3761

このページに関するお問い合わせ

教育委員会保健体育課

電話:087-832-3761