ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(かがわ安心飲食店認証制度について)

ページID:30803

公開日:2022年03月04日

ここから本文です。

ご提言等の内容(かがわ安心飲食店認証制度について)

受付年月日

2022年02月09日

回答年月日

2022年02月22日

テーマ

かがわ安心飲食店認証制度について

提言内容

飲食店を経営しています。
「かがわ安心飲食店認証制度」について、ホームページには「飲食店における感染拡大防止を図るため、感染防止対策に取り組む飲食店を県が認証する制度です。」とあります。
認証制度が感染拡大防止を図るためだとしたら、今回の感染拡大は認証店が原因ではないのでは?だとしたら今回の認証店に対する時短や休業要請はあまり意味がないと思います。もし認証店に感染拡大の原因があるのであれば、認証制度自体に感染を抑える効果がないのでは?
認証制度で確実に感染拡大防止の効果があるのであれば、感染が拡大する前から、認証店と非認証店とで営業内容に何らかの差をつけるべきではないのでしょうか?
感染が拡大してまってから、時短や休業を要請されてしまったら、正直なところ認証店である利点があまりあるように思えません。(私のお店は認証店です。)
認証店、非認証店に関わらずお客さま自体が激減してしまうわけですから。
今回の感染拡大の原因が一体何なのか?安心飲食店認証制度の効果はどれほどあるのか?しっかりと検証して説明していただきたいです。
それと、これはコロナが終息したときのことですが、飲食店や宿泊事業者などコロナ禍で規制や自粛を求められた事業者には免税のような救済措置をお願いしたいです。たとえコロナが終息したとしてもコロナ禍前と同じか、それ以上の集客が見込めるとは思えません。
GoToEatやGoToトラベルのような利用する側が得する政策では、店舗によって差が大きく出ます。
売上などに対する免税であれば、頑張ったら頑張った分だけ報われます。いつまでも我慢させるだけの政策や、その場しのぎの対策ではなく、未来に光があるような政策を提案していただければ、我慢もできるし頑張れるのではないでしょうか?
われわれの未来に光を!ぜひお願いします!

回答内容

メールを拝見しました。
営業時間短縮の要請への協力や、かがわ安心飲食店認証制度の認証取得など、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策にご協力いただいており、感謝申し上げます。

全国的に、感染力が非常に強いオミクロン株が猛威を振るう中、本県においても感染が急拡大し、(2022年)1月21日(金曜日)から2月13日(日曜日)までの間、まん延防止等重点措置が適用され、また、2月10日(木曜日)には重点措置の期間が3月6日(日曜日)まで延長されることが決定されました。
飲酒を伴う懇親会などでは、飲酒の影響で注意力が低下し、また、聴覚が鈍麻して大きな声になりやすいことなどから、感染リスクが高まるとされています。このため、「大人数・長時間の飲食」、「マスクなしでの会話」といった場面が生じやすく感染リスクが高いとされる飲食の場を避けるという観点から、本県では、まん延防止等重点措置の対策として、県内全域の飲食店などに対して、営業時間短縮の要請を行っています。

認証制度の感染防止効果については、アクリル板などの設置、手指消毒の実施、食事中以外のマスク着用の推奨、換気の徹底といった、認証基準の項目が確実に行われている飲食店では感染拡大を防止できるという一定のエビデンス(根拠)が国において得られていることから、本県の認証基準においても国が示す基準を参考に策定しており、感染拡大防止に対して一定の効果があるものと考えております。

なお、本県では、感染拡大前から、県民の皆さまに、感染対策が徹底されていない飲食店などの利用を控え、「かがわ安心飲食認証店」などの感染対策が徹底された飲食店などを利用するようお願いしています。

今回、まん延防止等重点措置の適用を受けて営業時間短縮の要請を行うに当たり、非認証店では、営業時間は午後8時まで、酒類の提供は、客の店内持ち込みを含めて行わないよう要請しているのに対して、認証店では、営業時間を午後9時まで、酒類の提供は午後8時までとしていただくか、営業時間を午後8時まで、酒類の提供は客の店内持ち込みを含めて行わないこととするか、どちらかを選択することを可能としているなど、要請内容に差を設けており、県民の皆さまに安心して飲食店をご利用いただくために、飲食店の皆さまには認証を取るようお願いしています。

また、コロナ収束後には、再度の感染拡大につながらないよう十分に留意し、感染防止対策の徹底に努めながら、大きな影響を受けた事業者の皆さまが営業活動を早期に回復し、次の事業展開につなげていけるよう、必要な支援や効果的な施策を検討してまいります。

現在、まん延防止等重点措置の適用により、感染防止対策の強化を図っているところであり、県民の皆さま、事業者の皆さまには、長期間、これまで以上にご負担をお掛けしておりますが、本県における最大の危機的な状況を一刻も早く食い止め、適切な医療提供体制を確保するために、ご理解とご協力をお願いします。

飲食店への営業時間短縮要請に関すること:健康福祉総務課
かがわ安心飲食店認証制度に関すること:生活衛生課
事業者の皆さまへの支援に関すること:産業政策課

担当課

担当

健康福祉総務課

電話

087-832-3335

担当

生活衛生課

電話

087-832-3869

担当

産業政策課

電話

087-832-3349

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3335

健康福祉部生活衛生課

電話:087-832-3869

商工労働部産業政策課

電話:087-832-3349