ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(時短への抗議について)

ページID:30811

公開日:2022年03月04日

ここから本文です。

ご提言等の内容(時短への抗議について)

受付年月日

2022年02月16日

回答年月日

2022年02月21日

テーマ

時短への抗議について

提言内容

まん延防止を要請しても全く減少しないし、いい加減に解除してもらいたいです。飲食店の時短営業は関係性が少ないのでは?このままでは運転代行業者は生活していけません。要請を出した知事は責任を取っていただけるのですか?ご意見を聞かせてください。

回答内容

メールを拝見しました。

本県では、(2022年)1月21日(金曜日)から2月13日(日曜日)までの間、まん延防止等重点措置の適用を受け、感染防止対策を強化してきましたが、若年層からご高齢の方や基礎疾患のある方への感染が徐々に広がっていることや、確保病床使用率が40%超となるなど、まん延防止等重点措置を解除して対策を緩める状況にはないことから、国に対してまん延防止等重点措置を延長するよう要請し、3月6日(日曜日)までの延長が決定されたところです。

飲酒を伴う場面では、飲酒の影響で注意力が低下し、また、聴覚が鈍麻して大きな声になりやすいことなどから、感染リスクが高まるとされています。
このため、まん延防止等重点措置期間中は、国の対処方針に基づき、「大人数・長時間の飲食」、「マスクなしでの会話」といった場面が生じやすく感染リスクが高いとされる飲食の場を避けるという観点から、飲食店への営業時間短縮の要請を行っています。

現在、まん延防止等重点措置の適用により、感染防止対策の強化を図っているところであり、県民の皆さま、事業者の皆さまには、長期間、これまで以上にご負担をお掛けしておりますが、本県における最大の危機的な状況を一刻も早く食い止め、適切な医療提供体制を確保するために、ご理解とご協力をお願いします。

担当課

担当

健康福祉総務課

電話

087-832-3335

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3335